生活保護法

生活保護法の疑問

生活保護は一生保障されているものか

生活保護の第一の目的は、生活が困難な国民に、健康的で文化的な最低限の生活を保障することです。 国は、国民の生活の困難な場合には、保護する義務があります。

その為、生活保護を受けている人が、自立が可能になるまでは、国が援助を行います。 生活保護を受けなくても生活が送れるようになると、国は援助を行わなくなります。

この為、保護や援助を国民が必要としている限りは、生活保護が打ち切られる事は、基本的にはありません。生活保護を受けているものは、仕事を見つけたり、働く努力をする事が求められますが、病気や高齢者の為働くことができない場合は、一生の生活保護の援助を受ける事ができます。

逆に、元気になったり、仕事が見つかって働けるようになる場合は、生活保護は打ち切られます。ただ、生活保護を受給していて仕事が見つかった場合、即生活保護が打ち切られる事はありません。

仕事で得られた収入では、家族全員が生活出来ない場合は、生活保護の援助を受ける事ができます。収入額に応じて、生活に足りない分が支給される事になります。収入の一部を引いた残りの額については認定をし、生活保護としての支給を継続されます。

もしも、自分の収入で生活が行えるようになり、生活保護を打ち切っても、再び病気が悪化するなどして生活が困難になった場合は、再度申請する事も出来ます。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.