生活保護法

生活保護法の疑問

母子家庭手当とは

母子家庭手当とは、離婚後などで母子家庭となった場合に受給できる手当です。まず、児童扶養手当という日本全国共通の制度で、父親が離婚や死亡などによって、父親に生計を立ててもらえない児童に対して、支給する手当てです。

手当の金額は、母親の所得と子どもの人数によって決まります。母親の所得が、限度額以上である場合には、受給することはできません。

手当てを受けていても、母親が高所得の扶養者と同居する場合は、手当てを受ける事が出来なくなります。最近は、離婚率が増加し、それにともない再婚率も増加しています。その為、離婚直後は一人だった母親が、再婚する事は珍しくありません。

こうした場合は、高所得の扶養者と児童が、共に生活し生活が困難にならないので、児童扶養手当の受給資格は無くなります。母親が婚姻した場合はもちろん、婚姻していなくても、一緒の家に住む場合は、受給資格がなくなります。

もし、受給資格がなくなったのに、停止の届け出をしないと、その期間の支給手当てを返還する事になるので、速やかに届け出を出して停止の手続を行いましょう。

また、母子家庭は水道や下水道の使用料金が減免して貰える手当てや、母親がJRを利用して仕事の通勤をおこなっている場合は、定期券を割引で買うことも出来ます。また、粗大ごみを処理する手数料を減免されるものもあるので、母子家庭の場合は地域の役所に確認を行いましょう。

引越し サカイ

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.