生活保護法

生活保護とその他の援助

生活保護と教育費

生活保護を受けている家庭で、小学生から高校生の子供がいる場合、生活保護の支給額に、一定額が給付されます。生活保護法の体系で、小学生や中学生の子供には、学用品や教材費、また給食費といった義務教育で必要となる費用が支給される教育扶助があります。

教育扶助の支給金額は、子供の人数に応じて加算されていきます。また、義務教育ではない高校生の子供には、高等学校就学費という給付が行われます。

ただし、高等学校就学費は教育扶助でなく、生活保護の生業扶助という扶助に分類され、技能習得に必要な費用として支給されます。技能習得費は、子供が高等学校に進学し、卒業することが生活保護を受けている世帯にとって、自立するのに必要であると判断された場合のみ、支給される扶助です。

生活保護を受けている中で得られる、授業料や学用品、教材代などの教育費は、一般的な公立高校でかかる費用が目安です。ただし、公立学校では、学校独自で授業料の減免や、軽減といった制度を設けていたり、地方自治体が奨学金制度を設けていて、これらと生活保護の教育費は同時に受け取ることができない場合もあるので、注意が必要です。

生活保護法を適用していて、このような生活保護対象外の支援を受ける場合は、他に奨学金などがないかを探す必要があります。自治体によっては、奨学金の内容にかなり差があるので注意しましょう。また、生活保護法による教育扶助を受けていると、就学援助を受ける事は出来ないので、どちらを優先させるかも検討する必要があります。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.