生活保護法

生活保護とその他の援助

生活保護と年金

日本の社会保障制度の国民年金と生活保護法の違いは、国民年金を受けとるには、保険料を支払っている事が必要です。国民年金制度は、国民が相互に支え合うことが前提にあるので、共同連で国民生活の維持や向上を図る為に、年金が支払われるからです。

国民年金が支給されるには、25年以上、保険料を納めることが原則必要です。生活保護は、公的扶助の制度で社会保障制度とは異なります。生活保護は、生活に困っている人が、生活保護法に基づいて国から必要な援助を受けるもで、事前に何らかの資金を支払っている必要はありません。

生活保護を受けるには、生活保護が必要かどうかを、生活保護法に基づいて調査する必要があります。生活保護法に基づいた調査では、預貯金や売却できる資産は、売却して生活費にあて、それでも生活が困難な場合に、生活保護を受ける事ができます。

国民年金では、定額支給が原則で、40年間分の保険料を払うと満額となり、保険料を納めていない期間がある場合は、その期間に応じて年金額が減少します。

生活保護では支給される金額は、住んでいる市町村によって異なり、物価差などを反映しながら生活保護法の基準額に照らし合わせて、支給額が決まります。生活保護で支給される金額は、必要最低限の生活費です。年金を受給できる場合は、年金を受け取り、足りない分が生活保護法でおぎなわれる事になります。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.