生活保護法

被保護者の権利

被保護者の権利と義務

生活保護は国民が、最低限の生活の維持するための給付で、この受給金はすべて国民の税金によって支払われています。国民の助けで生活が出来る受給者は、その事に負い目を感じたり、権利を阻害される事ありません。しかし、生活保護を受けるにあたり、権利も持っていますが、義務もい発生しています。

生活保護の受給者は、正当な理由もなしに、生活保護金を停止されたり、減額させらされることはありません。また、 保護金に税金をかけられる事もありません。理由なしに、保護金を差し押さえられたりすることもありません。

このような権利に、生活保護者は守られていますが、同時に自信が守らなくてはならない義務もあります。生活保護を受けている人は、その保護を受ける権利を、他人に譲り渡すことはできません。

また、能力に応じて勤労を行い、常に支出の節約をして、生活の維持や向上を行わなくてはなりません。万が一、収入や支出、それによる生計の状況に変化があったときや、住所や家族の構成の変更は、ただちに、福祉事務に届け出なくてはなりません。

生活を維持したり、生活の向上といった、生活保護の目的達成に必要な指導を受けた場合は、速やかに指示に従わなければなりません。これらの義務を果たさない場合は、生活保護の減額や、停止などの措置が行われます。もしも、何らかの資産があるのに保護を受けている場合は、保護費の返還も要求されます。また、詐欺として刑事事件に発展する場合もあります。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.