生活保護法

生活保護法の種類

医療扶助

医療保険と医療扶助の違いは、国民健康保険に加入していた人は、国民健康保険を脱退して、保険証を返却する必要があることです。

このため、医療扶助で医者にかかる場合は、保険証の代わりに医療券を持っていく必要があります。医療保険と違い、医療扶助は本人の申請や医師の意見によって、福祉事務所が決定します。

医療保険の適用範囲は、非常に限定されたものとなっていますが、医療扶助は医療保険の範囲外である医療でも、特別基準によって受けられることがあります。その為、医療保険の範囲外だからと、診察を諦めずに済みます。

医療扶助の範囲は、病院で受ける一般診療と、入院時の食事費や、薬の調剤、通院時の交通費等が主な内容です。通院時の交通費は別として、発生した医療費は直接医療機関に支払われます。

この為、生活保護を受けて病院にかかる場合は、保険証の代わりに医療券を持って行き、特に費用がかかりません。しかし、健康保険とは違い、入院時の差額ベット代や金銭管理料などは、生活保護では支給されません。

又、保険対象外の薬も、医療扶助では原則として支給されません。 医療扶助は治療費や通院にかかる交通費だけでなく、メガネやサポーターなどの医療補助器具も含まれています。

また、マッサージやハリ治療も、医療扶助で受ける事が出来ます。医療扶助では、診療を受ける際に、金銭を支払う必要は一切ありません。ただし、自由に病院を選択できず、指定された医院での治療を受ける事が原則です。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.