生活保護法

生活保護法の種類

出産、生業、葬祭扶助

出産扶助は、生活保護法によって定められた扶助の一つで、生活保護を受けているものが、出産のために必要を支給して貰うものです。

出産で必要となる居宅や施設分娩別に対して支払われ、原則金銭給付が行われますが、児童福祉法の、入院助産制度を利用した出産が優先となる為、出産扶助の適用は減少しています。出産扶助は一時的な給付ですが、双子や異常分娩の際には、特別加算も行われます。また、出産をおこなう施設は、助産施設の利用が優先されています。

生業扶助とは、自営業を行う為の設備費や運営資金、また、仕事に就くのに必要あな技術や資格を身につけるための技能習得費、就職にあたり必要になる衣服等の購入費が対象となります。最低限度の生活が困難な国民に対し、生業を営む為の扶助して、自立して貰う事が目的となります。

生業扶助には、高等学校での就学に必要な費用も含まれており、義務教育を終えても就業に必要な技能を習得する為に、高校への進学が援助されます。しかし、現代社会において、高校への進学はほとんど当然のことであり、教育扶助として支給されるべきとの意見もあります。

高校進学の為の生業扶助支給は、入学準備や学費、通学費などが対象ですが、授業料は、公立高校び進学する場合が基準になり、私立高校に進学する場合は、自治体や育英会の奨学金を取る必要があります。

葬祭扶助は、家族が死亡した場合の死亡診断書料、死体の運搬料、葬儀における火葬料などを対象に支払われます。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.