生活保護法

生活保護法の種類

生活扶助

生活保護には、生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8つの種類があります。このうち、生生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、介護扶助は継続して支給され、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助は一時的な支給とされています。

生活扶助は、衣食や光熱水費といった生活に最低限必要なものに対して、支払われる給付です。生活に最低限必要とされる資金のうち、衣食については第一類として支給され、生活保護を受ける人の年齢ごとに支給額が異なります。

また、光熱水費は生活保護を受ける家族の人数によって異なるので、第二類として支給される事になります。他に、季節によって、地域ごとに決められた加算もあります。第一類と第二類の合計が、その世帯の生活扶助とされます。

生活保護を受けている家族の中に、施設に入っている人がいる場合、施設の生活に必要な金額は、生活扶助として支給されます。ただ、施設の種類によっては、生活保護を受ける人間が生活扶助を、受け取るのでなはく、施設が食事や日常生活に必要な物の提供して、現物支給とされる場合もあります。

他に、生活扶助には含まれない臨時の支出については、一時扶助として支給して貰う事ができます。生活扶助の第一類には、娯楽費も含まれています。最低限の生活をするうえで、娯楽も当然大切ですが、生活保護をギャンブルにあててしまう人もいて、現物支給なども検討されています。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.