生活保護法

生活保護法とは?

生活保護の審査

生活保護の申請が受理されると、生活保護の申請者が本当に保護を必要としているか、本格的な審査が行われます。 まず、生活保護の申請を行っている世帯の、生活状況を詳しく調査されます。

このときに、状況に応じて異なりますが、収入については必ず、質問されます。収入は申請者の資産の大部分を占めており、現時点での収入の有無や程度が、生活保護の要件を満たすかどうかは、重要になってきます。

また、収入があっても、その収入だけでは、最低生活を送ることが出来ない場合に、親族から援助して貰えないか、年金やその他の手当てを給付する事はできないかは、必ず問われます。また、現在の資産の状況について、預貯金の有無や、生命保険の加入なども必ず質問されます。

生命保険の加入は、生活保護の申請をしている場合、その人の資産とみなされます。様々な収入に関する状況や、今後の予測出来る出費などをふまえて、申請が妥当であると判断されると、福祉事務所長から、いつから生活保護を開始するかを通達されます。

申請が受理された日から、通常は2週間以内に判断が行われ、最大でも1ヶ月以内には通知されます。もしも、1ヶ月経っても連絡がない場合は、不服申したてが行えます。

以上が一般的な生活保護の受理までの流れで、受理されると支給が行われます。最初の支給額は、申請した日から日割りで支給され、後は月額で支払われます。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.