生活保護法

生活保護法とは?

生活保護の申請

生活保護を受けたい場合は、どのように申請すればよいのでしょうか。まず、生活保護の窓口は、福祉事務所になります。福祉事務所には、生活保護相談窓口があり、窓口で生活が困難であることや、生活保護を受けたい旨を伝えます。

すると、ケースワーカーという生活保護担当の職員によって面接が行われ、相談に乗って貰う事が出来ます。初めから生活保護の申請を行わず、まずはケースワーカーに、自分の生活状況を相談するのがいいでしょう。

生活保護を求める相談者の多くは、生活保護についての予備知識がなく、生活保護の対象ではなのに申請をして、時間や体力を浪費する事になります。基本的に、ケースワーカーには本人が直接相談しますが、生活保護を受けたい人が病気などの理由で、外出が困難な場合は、ケースワーカーに訪問してもらうことも可能です。

ケースワーカーに、収入や資産についての自分の情報を伝えられたら、ケースワーカーが生活保護も含め、利用できる制度などや、今後の生活についてアドバイスしてくれます。

ケースワーカーとの面接によって、生活保護の申請が行えるかどうかがわかり、申請をする場合は、アドバイスに従って生活保護の申請を行います。生活保護は、正式に申請を行ってから2週間以内に決定されます。生活保護の申請が受理されると、原則として毎月1日に生活保護が支給されます。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.