生活保護法

生活保護を受ける

生活保護の支援施設

生活保護を受けている受給者で自立生活が出来ていない人には、自立生活ができるようになるための、基盤作りの援助が行われます。 まず、自立生活の基本は住居になります。しかし、住居を借りるためには、基本的に連帯保証人が必要になります。

自立生活ができない人が、連帯保証人を用意することは極めて困難な為、連帯保証人の紹介を行う支援施設があります。このような支援施設を利用する事で、入居を可能にし、自立を促すようにします。

また、住居に限らず、自立生活に必要な法的、医療、労働、福祉などの、様々な分野における専門的なアドバイスをして貰う事もできます。 自立支援を目的とした団体もあり、高齢者や障害者などの社会的に苦しい立場の人々を対象に、社会の一員として尊重されて、自立できる支援を行っています。 ホームレスやニートなどの、生活困窮者を対象にした、自立生活に向けた援助団もあります。

このような団体は、生活保護の申請の相談に乗ってもくれ、実際に申請をする場合は、同行してくれることもあります。生活保護問題対策全国会議では、福祉事務所で起こる違法な生活保護申請者に対して、規制を無くすように働きかけ、生活保護費の削減反対などの運動を行っています。

このような、弁護士などの法律の専門家が生活保護に関する支援を行っている団体は、たくさんあるので、生活保護に関する法的なトラブルの場合は、専門家の援助を受けて解決に向ける事も出来ます。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.