生活保護法

生活保護を受ける

生活保護の取り消し

受給した生活保護資金を、自分に必要な生活費に使用せずに、贈与や転売等を行うと、生活保護が取り消しになり、返金しする事になります。生活保護を受けている家族に対して、第三者による受給金の侵害があると、生活保護を受けることができなくなります。

生活保護の支給金額は、最低生活費と呼ばれおり、生活保護法によって健康で文化的な最低限度の生活を営むのに、必要な金額なので第三者に贈与されたり、商売に使う余裕は本来ないのです。日々の生活で最低限の金額を、他人に贈与や転売したら、生活保護を受けている者であれば、普通は自分の生活が困難になってしまいます。

また、生活保護受給者は原則として、生命保険や損害保険などの、保険には加入する事が出来ません。生活保護の資金は最低生活費なので、保険の掛け金を支払う余裕が、本来はない為です。

保険に加入できない分、生活保護者は治療費も生活保護費で負担されたり、医療費が免除になったり、死亡してしまったとしても葬儀扶助があるので、生命保険は必要がありません。この為、資産を蓄える事になる保険に加入しても、生活保護が取り消しなったり、返金を請求される可能性があります。

また、扶養義務の範囲で、生活保護の支給金を贈与した場合でも、自分の最低生活維持の資産を、他に流用することは生活保護法に違反する事になるので、生活保護を受ける資格がなく、生活保護の取り消しや、返納が求められることになります。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.