生活保護法

生活保護を受ける

生活保護の免除

生活保護を受けている家族は、それぞれ家族の事情があり、状況は微妙に異なります。この為、一般の扶助の対象からは外れても、生活をしていくことが困難で、援助が必要なことが起こる可能性はたくさんあります。

このような事態に対処するため、一般の生活保護とは異なる枠で、生活保護の金額に加金することができる対象が、いくつか定められています。国民として支払う義務のある費用も、生活保護を受給している家族や、個人はその義務から免除されるシステムがあります。

これは生活保護の対象者の生活内容によって、支払いが免除されます。 例えば、固定資産税や県民または市長村民税などの税金の支払いや、国民年金保険料の支払い、また国営のNHK受信料の支払いなどが、免除されます。 この他にも、生活保護を受けていると免除になるものたくさんあります。生活保護を受けていると、実は多くの免除事項があり、水洗便所が完備されてない住居に、水洗便所を取り付ける場合も、費用が免状されます。

また、世帯に子供がいて、義務教育前の保育園に通わせる場合は、保育園の保育料が免除の対象になります。 この他にも、細かく様々な免除事項がありますが、免除を受けるには基本的に自治体の判断や調査を行う必要があります。少しでも免状を多く受けるには、積極的に申請やアピールを、自治体に行う必要があります。

生活保護法とは
生活保護と自己破産の違い
生活保護法の原則
生活保護の審査
生活保護の申請
生活保護の実施
生活保護を受ける
生活保護のルール
生活保護の加算
生活保護の支援施設
生活保護の取り消し
生活保護の返還対象
生活保護の免除
生活保護法の疑問
外国人の生活保護
住宅手当とは
生活保護は一生保障されているものか
母子家庭手当とは
生活保護の種類
医療扶助
介護扶助
教育扶助
住宅扶助
出産、生業、葬祭扶助
生活扶助
生活保護とその他の援助
生活保護と医療費
生活保護と教育費
生活保護と年金
被保護者の権利
被保護者の権利と義務
不服申立て
救護施設の利用

Copyright (C) 生活保護法の便利帳 All rights reserved.